デリバティブの種類

デリバティブいろいろ

デリバティブの種類

デリバティブとは、既存の株式や債券、為替から変化してできた金融商品に付けられた呼び名で、正式名称は、金融派生商品Financial derivative productsといいます。デリバティブは、スワップ取引、オプション取引の総称であり予約に似たような商品で予約とは、未来の時点で金融商品取引する契約であり、未来に損益部分のみをやりとりするところに魅力があります。デリバティブの予約取引では、本来であれば予約をする日に金融商品の取引を行いますが、先物取引では金融商品を受け渡す代わりに反対取引をして、生じる損益だけを受け渡しを行いますが、これを差金決済と言います。デリバティブ取り引きは、マーケットで行われる取引所取引で、英語ではフューチャーズといいますが金融商品はステータブルされていて、取引金額や予約日が決められています。商品はこの期限日まで、いつでも利益確定や損切りを行い損益決定を行うことができ、この期限日のことを限月といい、また購入する予約をすることを買建て、売却する予約をすることを売建てといいます。日本人に馴染みが深い日経平均株価も大阪証券取引所に上場されていてだれでも取引を行うことができる金融商品です。